審査に通るためには書類の種類と記入方法などを知る必要があります

サイトメニュー

治療へのステップ

男性

公的制度でサポート

うつ病は精神的な落ち込みが続き、重症になると仕事や家事が手につかなくなる病気です。もちろん病気なので治療することは可能ですが、診察費や薬代の出費がかかりますし、休職・退職となれば収入も減ってしまいます。しかも長期化したり再発したりすることも多いので、経済的に困窮する恐れがあります。そこで安心して治療に専念するために、公的な支援制度を最大限に活用するとよいでしょう。退職後しばらくの間は、失業保険の傷病給付金が利用できます。また退職から1年6か月経過してもうつ病が治らないときは、障害年金を受給することができます。障害年金は必要とされる間は何年でも受給できるのが特徴です。当然のことですが、国民年金または厚生年金の加入者でないと受給できないので注意してください。また発病してから急いで加入しては受給できないことがあります。うつ病で初めて受診した日に、すでに年金に加入していることが条件となっています。申請の前に、条件を満たしているか調べておきましょう。

障害年金は1級・2級・3級の等級に分かれていて、うつ病の程度によって判定されます。ただし3級が申請できるのは厚生年金・共済年金の加入者のみで、国民年金の加入者は2級以上に限定されています。支給額は3級で年額50万円程度、2級で200万円以上となり、かなりの差があります。1級は重度の障害で常時の支援が必要な場合に該当しますが、うつ病で1級と判定されるケースは多くありません。2級は障害で日常生活に支障をきたす場合、3級は労働に支障をきたす場合となっています。働くことができても障害があれば、障害年金を受給できる可能性があります。等級の判定には主治医の診断が重要な役割を果たします。申請を受け付けるのは一般の公務員で、必ずしも病気の専門家ではありませんから、説得力のある診断書を書けるかどうかが重要というわけです。主治医との意思疎通ができていないと、申請を却下されてしまうこともあります。正確な診断をするためにも、信頼できる医師とのコミュニケーションを大切にしましょう。

Copyright© 2019 審査に通るためには書類の種類と記入方法などを知る必要があります All Rights Reserved.