審査に通るためには書類の種類と記入方法などを知る必要があります

サイトメニュー

なぜ人気があるのか

医者と看護師

請求は絶大な効果を期待できるプロに頼もう

予想に反してうつ病が長期化すれば、仕事にも影響が出て資金的にも心細くなります。そのため、うつ病で仕事ができなくなった人々の間で人気になっているのが、障害年金の受給です。障害年金がもらえれば生活の支えとなり、精神科での治療が続けやすくなるのはもちろん、金銭的な不安を減らせるので人気があります。ただし障害年金をもらうには請求手続きを経ねばならず、その際に好評なのが社労士による請求代行です。障害年金は受給できれば恩恵が大きい反面、請求手続きはかなり複雑な仕組みになっています。健康な人でも難易度が高い手続きですから、うつ病で注意力や判断力が低下している状態では、一層難しい事務手続きになる訳です。ところが社会保険のエキスパートである社労士に障害年金の手続きを依頼すれば、苦労して自分で請求する必要がなく、そのうえ受給できる可能性も格段にアップします。何より、精神科へ通院しながらでは準備作業に時間も掛かりますが、プロに頼めばスムーズに請求できることも人気ポイントです。

一度審査に通らなかった場合は、再度審査を受けても通る可能性が極めて低いとされており、障害年金の請求は事実上一発勝負です。そのため審査に通る書き方を知っている社労士に依頼した方が、断然効果的になります。また、自分で障害年金を請求する場合、必要に応じて年金事務所などに相談しますが、難解かつ重要な手続きだけに、相談員と熱心にやり取りするケースも少なくありません。するとその副次的作用として、精神科医が発行した診断書に書かれているほどうつ病は重くない、と相談員が推測するパターンもあるのです。こうなれば障害年金をもらうハードルはさらに上がりますが、社労士に頼めばその副次的作用の回避効果も望めます。そして、うつ病の診断書にも障害年金請求が通る記述ポイントがあり、社労士によってはその要点を精神科医に伝えてくれるため、その効果も無視できません。社労士を利用することで得られる作用はもちろん障害年金の受給ですから、うつ病でこの年金請求手続きを行う際は、専門家を頼るのが得策です。

Copyright© 2019 審査に通るためには書類の種類と記入方法などを知る必要があります All Rights Reserved.