審査に通るためには書類の種類と記入方法などを知る必要があります

サイトメニュー

相談先の選び方

悩む成人女性

治療先や疾病の種類

気分や心の調子を崩した時は、どの外来を受診すれば良いのか分からないこともありますが、うつ病の場合は精神科か心療内科を選ぶのが基本です。この2つの外来のうち、どちらで診てもらうのかは、現れている症状によって決めます。精神科は心に生じた疾患を治すのが専門ですから、不安感やイライラが強い際はこちらの外来で診察を受けましょう。そのほか、うつ病で眠れずに困っている時や、妄想や幻覚に悩んでいる時も精神科が受診先です。そして、心療内科はストレスなどが原因で、体に生じた症状を治すのが専門となっています。なので、うつ病からくる胃痛や下痢、それに動悸といった身体症状があれば心療内科で診てもらってください。体に異変があれば血液や画像検査で判断することもあるため、その診断や治療処置に関しては心療内科が担当です。また、生活を維持しながらうつ病の治療も続けるために、障害年金の利用を検討している場合は社労士事務所に相談しましょう。障害年金については社会保険労務士が専門なので、初回相談が無料の事務所を選べば、1回目はタダでアドバイスがもらえます。

メランコリー親和型と呼ばれるうつ病は、数ある種別の中でもとりわけ代表的なうつ病で、「うつ」と言えばこれを指す場合も少なくありません。主にストレスなどの目に見えない負担が心に圧し掛かり、その状態が継続することで、気分の落ち込みや不安感が生じます。何ごとも1人で抱え込む傾向が強いことから、責任感がある人や真面目な人が罹りやすいのも特徴です。その性格から他人に迷惑を掛けまいと無理を続け、やがて心の負担が限界に達し、脳内で神経伝達物質が上手く機能しなくなって発病に至ります。そして非定型のうつ病は、苦手なことや嫌いなことに直面した時だけ、限定的に抑うつ症状が現れる新しい種別のうつ病です。遊びや趣味を楽しむ時は抑うつ状態から解放されるため、常に落ち込み続けるメランコリー親和型とはこの点が違います。そのほか、障害年金では受給対象の障害として、精神疾患のうつ病も含まれているのが特徴です。また、国民年金の加入者向けには障害基礎年金、厚生年金の加入者向けには障害厚生年金、という具合に障害年金には種類が2つあります。

Copyright© 2019 審査に通るためには書類の種類と記入方法などを知る必要があります All Rights Reserved.