審査に通るためには書類の種類と記入方法などを知る必要があります

サイトメニュー

現代社会のストレス

看護師

そのサポート方法

日本年金機構による定義では、障害年金は、病気やケガによって生活や仕事などが制限されるようになった場合に、現役世代の方も含めて受け取ることができる年金とされている。この病気には、身体的障害のみでなく、うつ病などの精神的障害も含まれる。近年では、機械化自動化の影響や祝日休日の増加により、肉体的負荷による障害よりも、精神的負荷による障害が増加している。全く人と合わなくても良い職業であれば、人間関係のストレスに悩まされることなど無いが、そのような職業は稀有なものと言える。また、全く人と会わない職であってもやはり、このままでも良いのか、など自分自身の中の葛藤と向き合わなければならない。人間が生きて存在する以上、精神的ストレスから逃れられる人など皆無と言っても良い。しかしそれは外見上は分からないので、他人から見れば一見些細なことであったり、何も問題が無いように見られることも多い。よって、うつ病などで障害年金を受け取れるかどうかは厳格に判断される必要がある。

障害年金を受け取ることができるのは、国民年金のみに加入している人は、常時の援助が必要なもの(1級)と、日常生活が著しい制限を受けるもの(2級)に限られる。単に労働が制限を受ける場合(3級)には国民年金の加入者は対象とならないが、厚生年金保険(共済年金)に加入している人は対象となる。やはり厚生年金に加入している人の方が、保護が手厚いが、傷病手当などと異なり、国民年金を支払っていれば、会社に勤める労働者でなくとも障害年金を受け取ることができる。現代では、成人のひきこもりが数百万人いると言われており、その中には少なからず、うつ病で苦しんでいる人もいると考えられる。そのような人が障害年金を受け取ることができれば、家族への負担も少なくなると考えられる。もっとも、うつ病であれば全て受け取れるというわけではなく、障害年金の等級を決定するにあたっては、様々なガイドラインが定められており、日常的な生活ができるかどうかの観点などから、客観的に判断されることになる。

Copyright© 2019 審査に通るためには書類の種類と記入方法などを知る必要があります All Rights Reserved.