審査に通るためには書類の種類と記入方法などを知る必要があります

サイトメニュー

なぜ人気があるのか

医者と看護師 生活や精神科で治療に使うお金をもらえるため、障害年金はうつ病で仕事ができなくなった人々の間で人気があります。また障害年金の請求では、受給審査に大きな効果を発揮してくれることから、社労士に手続きを任せるのが得策です。

詳しく見る

相談先の選び方

悩む成人女性 不安などの治療は精神科、うつ病による体の不調の治療は心療内科、そして障害年金に関しては社労士に相談しましょう。常に落ち込み続けるメランコリー親和型と違い、非定型は限定的に抑うつ状態になるのが特徴で、障害年金はうつ病も受給対象なのが特色です。

詳しく見る

まずは相談から始めよう

ハートと聴診器 障害基礎年金や障害厚生年金など、障害年金には2種類あり、うつ病も対象なので審査に通れば受給できます。社労士にその事務手続きを代行してもらうのも豆知識ですが、費用は着手金や年金の3か月分、もしくは初回の受給額の2割など、各事務所で様々です。

詳しく見る

現代社会のストレス

看護師 障害年金は、うつ病にも適用され、現代の成人ひきこもりの人達のうつ病の方にも適用されうるが、全てのうつ病に適用されるわけではない。日常的な生活が可能かという観点から様々なガイドラインによる基準をクリアしなければならない。

詳しく見る

治療へのステップ

男性 うつ病で収入が減ったとき、治療費や生活費の負担をカバーするために、国民年金や厚生年金の加入者は障害年金を利用することができます。障害年金には1級から3級までの種類があり、障害の程度によって支給額が異なります。

詳しく見る

その手続きを知る

悩む女性

書類などの確認をする

うつ病ではなると障害年金の支給が可能になることもあります。うつ病にかかり障害年金を申請する際には手続きの流れを把握する必要があります。まず初診日を確かめるのは大切で、初診日は必ずしも精神科に行った初日ではない点を確認する必要があります。以前に病院に行き別の症状だと判断された日が後で初診日となることもあります。初診日の確認はとても大切で、初診日から一年半後に障害年金の受給が可能となります。申請に必要な書類を事前に知るのは大切です。うつ病にかかったら症状の変化などを書面にしておくのが重要です。うつ病によって日々の業務どのくらい支障が出ているかなどを書面にしておくのは大切です。こうした書面は医師の診断を受ける時にも大切ですし、病歴と就労状況等申立書を自分で書く時にも大切になります。うつ病による障害年金申請には様々な書類が必要で、年金事務所で申請に必要な書類をもらいに行く必要もあります。記入した書類は年金事務所に提出する必要があり、その書類に基づいて障害の等級などが判断されます。

うつ病にかかると精神科などに通う必要があり、そこで医師に診断書を書いてもらいます。この診断書が障害年金受給の申請で重要になります。障害年金の支給のためには主治医に診断書を書いてもらうように依頼する必要があります。こうした書類は年金事務所に提出します。うつ病の症状はほとんど変化しないのに、障害等級は2級になったり3級になったりするケースがあります。精神障害の等級は申請書類の内容によって決まります。医師の診断書を書いてもらう時には医師が障害年金に詳しいかどうかを事前に知る必要があり、障害年金の支給に詳しい医師に依頼した方が良いです。こうした年金の種類として障害基礎年金と障害厚生年金の2種類とがあります。厚生年金加入者は両方もらうこともできます。うつ病になったら原因を特定する必要もあり、その原因を取り除く必要があります。ストレスが原因のことは多くて、上手くストレスを解消するのが大切です。うつ病で働けなくなることによる金銭的なストレスは、障害年金で上手く対応できます。

Copyright© 2019 審査に通るためには書類の種類と記入方法などを知る必要があります All Rights Reserved.